施主支給って何?(洗面化粧台編)

洗面化粧台(ドレッサー)を、もっと安く、お得に購入できる!それが施主支給

【施主支給を解説】

従来は、建築工事に使用する洗面化粧台などの住宅設備は、工務店やハウスメーカー(以下、「建築会社」と呼びます)に依頼するのが一般的でした。 これに対し「施主支給」とは、お施主様ご自身で洗面化粧台などの住宅設備を直接購入し、建築会社に支給することを指します。

照明器具や水栓などの比較的小さな商品では、以前から行われていた方法ではありますが、インターネットの普及により、洗面化粧台やシステムキッチンなど、大型の商品も施主支給での購入が可能となり、家造りのコストダウンに有効な手法として広まっています。

この施主支給を利用することで、自分の好きなメーカー商品を、自分の好きな仕様で選ぶことができるというメリットもあります。

【施主支給で住宅設備が安くなるカラクリ】

①インターネット販売による経費の削減

従来の建築業界では、洗面化粧台などの住宅設備には3~4割程の利益を上乗せすることが常識とされてきました。 これに対し、インターネット販売を行う施主支給ショップは「営業費」「広告費」「倉庫代」などをカットすることができ、商品代に上乗せされる利幅を最小限に抑えることができます。

②流通経路の見直しによるコストカット

旧来の流通経路では、お施主様が商品を購入するまでに、複数の販売店・問屋を経由することになり、その分、価格が高くなってしまいます。 施主支給ならば、この中間業者介さずに販売することが可能となるため、お施主様に安く商品を提供することが可能となります。

この建築業界の革命と言われる「施主支給」を賢く活用して、最大限のコストダウンを実現して下さい。